43歳の専業主婦です。最初は、シャンプーをしているときに手に絡まる本数が増えたなという印象でした。でも、そういう季節なのかと放置していたところ、鏡を見るたびに分け目が薄くなり、広がっているような気がしてきました。それが1年と少し前のことです。それでも、このくらいならと放っておいたところ、分け目の幅が尋常ではない幅になり、それからは猛スピードで幅だけでなく、縦の範囲も広がり、全体的にも薄くなっていることを認めざるをえなくなってきました。

 

そして、決定打となったのが、家族からの「ちょっとそれヤバいんじゃない?」という言葉でした。この言葉により、自分だけが気付いているのではなく、他の人から見ても酷い状態なのだと受け止めなければならなくなりました。

 

それからは、色々と調べました。当初は、どうすればよいのか分からずにいました。知人から皮膚科ではないかと言われ調べたところ、皮膚科ではなく、専門の発毛病院があることを知りました。でもこれは、保険対象外のため費用がかなりの金額になる上に、長期間を覚悟しなければならないということで、無理だと理解する気持ちとそれしかないのなら……という気持ちで揺れていました。

 

しかし、やはり先立つものはお金ですから、それは断念し、違うものをまた探し出しました。そして、取りあえず育毛剤や養毛剤に頼ることを選択しました。育毛剤や養毛剤にも多くの種類があり、どれを選べばよいのか分かりませんでした。調べていて初めて知ったのが、育毛剤や養毛剤にも女性用と男性用があるということでした。そこで女性用に絞り、添加物が少なそうなもの、育毛に効果があるものが多く入っていそうなもの数点の中で考えることにしました。商品金額にもかなりばらつきがありました。高いからよいとも安いから悪いともはっきりいって判断できませんでした。

 

その中で、最終的にその商品に決めた理由は、添加物が少ないこと、専門家の監修があること、口コミがよかったことでした。ただ、少し高めだったので、早く効果がでることを祈りました。

 

使い始めてから少しずつ効果が出始めたのは、そう遅くはありませんでした。3日後くらいには、シャンプー時の抜け毛が減っていました。生えてくるということはまだありませんが、これだけでも衝撃的でした。抜けないということは、それだけ毛髪の残量が増えるということなので、全体的に薄くなりそうだったものを食い止められると思ったからです。

 

そして、2か月が経ったころには、何も生えていなかったところに弱々しいながらも生えていることに気が付きました。このまま強く太い髪の毛になってと願いました。

 

それから、半年が経ちましたが、抜け毛も減り全体の量が増えました。そして、なんといっても髪の毛がなかったところに太い毛が生えて、今は地肌も見えなくなりました。

 

個人差もあるとは思いますが、私にはとても効き目がある育毛剤でした。