52歳の専業主婦です。ここ1年位、いわゆる更年期なのか抜け毛がひどくなり、美容院でも指摘されるようになりました。

 

 何とか抜け毛対策はないものかと、ネット記事や雑誌から情報を得た結果、ストレスやヘアケアが原因である、または食物が原因であることが多いことがわかりました。

 

 私は現在夫と2人暮らしで、既に子供も独立し、結婚生活も長いため、さほどにひどいストレスは感じていません。またヘアケアにしても、シャンプー後の頭皮のマッサージはやっていますし、またシャンプーそのものも、アンチエイジング効果のあるものを使っています。そうなると、やはり食物が原因で抜け毛がひどくなっているようでした。

 

 まずどのような食物がよくないかというと、やはりアルコールやカフェイン、糖分に脂肪分、それからインスタント食品の摂り過ぎもよくないということでした。摂り過ぎるとよくない食物は、髪も体も結局は同じようです。

 

 そういえば私もここ1年から1年ほどで、夫との外食、あるいは友人との飲み会をよくやるようになり、脂肪分やアルコールの多い食事が増えて来ていました。また、これも更年期のせいなのかどうかわかりませんが、甘い物を多く摂るようになり、夫から体重オーバーではないかと時々いわれていました。こういう食生活のせいで、髪の毛に影響が出ていたのかもしれません。

 

 それではどのようにすれば治るだろうと調べたところ、やはり髪の主成分であるたんぱく質、それからビタミンB群とかビタミンCを摂るのがいいようです。またミネラルの多い魚介類や海藻なども、やはり髪のためにはいいようです。

 

 これはミネラルをきちんと摂ることで、ストレスに強くなるのも関係あるということでした。そのためストレスをできるだけ減らし、気持ちをうまく切り替えようと、友達と色々話してみたり、あるいは一緒に出掛けてみたりすることにしました。

 

 とにかく抜け毛に対して、これなら必ずという正解はないので、食物とか普段の生活などを色々改善してみて、それで効果があれば続けるようにするといいと思います。おかげで以前は朝起きた時に何十本もあった髪の毛が、今は10本程度になりました。またシャンプーの時も気持ち悪いくらいごっそり抜けていたのに、今はその心配もなくなりました。

 

 特に頭頂部の髪がいくらか薄くなっていたのが、今は元通りふさふさに戻り、美容師さんも驚いています。もちろん以前から使っていたアンチエイジングシャンプー、頭皮のマッサージもきちんと続けています。