42歳。自営業です。28歳に独立し店舗を持ちました。当時はアルバイトさんを数名雇っていて、利益は少なくてもそれなりに楽しく生活していました。

 

 30歳を過ぎた頃、売上のバランスが悪くなって来たので、アルバイトさんが辞めた後、補充せず自分独りですべての業務をこなしていました。忙しさと気が張っている事が多くなっていたらしく、パニック障害になりました。食生活も乱れていました。菓子パンで空腹を満たしたり、店にいるときも休憩時間が無いのでカップラーメンを買い置きしていました。お湯を注いで食べようとした所にお客さんが来て、結局食べずじまいも度々ありました。野菜ジュースやビタミン剤を飲んでいましたが、過労と栄養失調状態でした。投薬で数ヶ月で普通の生活ができるようになり、食事も気をつけていました。

 

 30代半ば頃、妹の鬱病や入院やで、自分の事以外で再び多忙になり、また食事をゆっくりする事が出来なくなり体調不良が続き、掛かり付けの内科で血液検査をした所、やや貧血と栄養失調と言われました。髪の毛が抜けるようになったのはその頃でした。シャンプーをすると、排水口にごっそり溜まってドキッとしました。元々は量が多くて癖毛でしたので、多少減っても良いかと思っていました。そのまま数年たって、掻き上げると耳の上の地肌が透けて見えるようになりました。

 

 コレはマズイと真剣になり、ネットで調べたり美容師さんに聞いてみたりしました。原因は沢山考えられ、ストレス、アレルギー、ホルモン、血行不良、栄養失調などです。「年齢的なホルモンの変化には、少し早いかもしれないね」と美容師さんに言われて、「爪が割れたりする?」と聞かれました。そう言えば、乾燥と共に爪は良く折れたり昔のようなキレイ爪ではなく全体に白っぽくくすんでいる感じでした。「鉄不足とタンパク質不足で血行不良が重なって、頭皮に栄養が回って無いと思う。」と言う結論でした。

 

 子供の頃から、一度に沢山の量が食べられず痩せています。普通の人より摂取する栄養が少なくて、自営業なので自由がきくぶん沢山の用事を詰め込み過ぎたので、体力的にも精神的にも消耗が激しい事が思い当たります。気をつけて、魚やお肉を食べるようにしました。ヘム鉄のサプリも毎日補う程度に飲み、生理の時は鉄のドリンク剤を飲むようにしています。そして、冬場は血行不良にならないよう首の後ろをカイロをマフラーに貼って温めたり、肩甲骨をストレッチしたりしています。少しでも食い止めて、残念な事にならないよう願いつつ、今後もヘアースタイルを楽しめるようにいたいです。毎日ブラシに絡まった抜け毛をチェックしています。