現在37才、体調不良により今は会社を退職しています。以前の職業は会社員でサポート業務をしていました。

 

偏食になる切っ掛けは、ここ数年周りの同期は寿退職なので会社を辞める事が多く、自分と同じぐらい仕事ができるメンバーが減ったことで、仕事のしわ寄せが自分に掛かることが多く、残業の日々が続き食事を取るのも疲れてしまうことが続いていました。
気がつくと、朝はギリギリまで 寝ていたいので会社についていからコンビニで購入した おにぎりと コーヒーだけを飲み、昼はサラダ、パンだけで夜は、うどんかお茶漬けなどを食べて肉や魚を食べていませんでした。

 

肉や魚を食べていないせいか初めは物凄く身体中が乾燥して、脚や腕がかさかさになりました。
その時は食べ物の油分が足りていないなど気にもしていなくて、一生懸命保湿クリームを塗っていましたが改善しなくて困っていました。
そんな生活を半年間続けていたところ、ある日お風呂の排水口が髪の毛で詰まったんです。

 

排水口を開けてみるとびっしり抜け毛が詰まっていて・・・
最近ブラシにも髪がつくし、心配になり美容院で髪の毛の状態を聞いたところ
「抜け毛が酷くなりはじめていて、特に登頂部が薄くなっている」とのこと
さらに、抜け毛原因に食生活が深く関係していると言われました。
これ以上酷くなっては嫌だと思い、食生活を見直すことにしました。あと、頭皮のマッサージやシャンプーも抜け毛対策の物を使うことにしました。
偏食も治そうと、あまり食べるきがしなくても少量の肉や魚を口にする努力をして、徐々に食事元に戻すようにしました。

 

ですが、途中でまた、仕事のストレスで油ものが食べれなくなり体調を崩してついにドクターストップで退職することになりました。
そこから、ゆっくり体調を戻し、食生活もようやく落ち着き、頭皮のマッサージや育毛シャンプーを使ったところ、ようやく元の髪の毛のボリュームに戻ってきました。
美容院で確認してもらったところ、ずいぶん戻って来ていると言ってもらえました。

 

回復していくなかで感じたのは、最初に肌の乾燥が無くなった事でした。食べ物から得られる油分は大事だなぁと、そしてそれは頭皮や髪の毛の栄養にもつながっているんだと実感しました。

 

そして、失った物を取りもどすには倍の時間が掛かるんだと思いました。
例え忙しくても、食事や睡眠をおろそかにすると必ず自分に帰ってくるので今後も十分に気を付けたいと思いました。